去年(2013年)のXファクターUKで5位になったTamera Foster(タミラ・フォスター)。アリーナオーディションの放送が終わってからすぐ、彼女の同級生に対する暴力事件とドラッグをやっていたのをTwitterで自慢していたというゴシップを記事に出され、人気が落ちるんじゃないかと思っていたけど、最初のほうは好調、好評のようでした。後半はまた別の悪事が取りざたされて、お茶の間の人気が落ちました。
彼女はどのへんの層に人気があるんだろう。Xファクター後のライブでは、男の人たちがカメラ片手にたかってた。ちょっとゾッとしたよ。

少し前に、UKの出場者でSonyと契約できる人とできない人の記事が出されていて、タミラは”development deal”で契約できると伝えるところと、できないと伝えるところがありましたが、やっぱりできるみたいですよ、たぶんSony系列と。でもdevelopment dealではないらしい。

まだXファクターの番組との契約で、いろいろとお話できないみたい。今週にはスタジオ入りだそうです。アーバン/ヒップホップスタイルで曲づくりをしたいと話しています。
そしてタミラは、作詞にも挑戦中なんだとか。今までしたことがないらしく、難しいと言っているのですが、わたくし個人の意見としましては、作詞はプロに頼まれたほうがよろしいかと……。

tamerafoster

わたしはタミラ・フォスターが好きなのです。可愛いから。顔が(笑) あと16歳らしい不器用なところとか。友達思いのところとか。


場数を踏んで自信をつけて、歌詞を忘れない歌手になってほしい。

情報元:Unreality TV

【英語メモ】
subsidiary‘s of Sony Music – 子会社
fluff up – 毛羽立てる、ふわっと膨らませる、膨らむ — “Tamera fluffed up her words”
let (the cat) out of the bag – ばらす、秘密を漏らす
Sony have first dibs on the contestants – 〜を最初に使う権利がある、〜につばをつけてある