2週目は1週目より感動は少なかったです。上手い人とおかしな人を期待しているのですが、おかしな人と言っても、ただおかしいだけでは意味がありません。キャラが濃くおかしいのに一部の人たちから愛される、そんなおかしな人を求めています。
それにしても、ほんとこの週は印象薄っ! あまりにもつまらなさすぎて、いつもならさっさと消す動画広告の通販の靴が気になる始末。動画に金落とそうか〜。

いちばんよかったのは、上の動画の兄妹グループ、The Cutkelvins(ザ・カットケルヴィンズ)
彼らの苗字ですが、かっこええなぁ。
妹のShereen(シェリーン)Neon Jungleっていうグループにいてうたってたみたいだけど2年半くらいで解散になったみたい。
喧嘩したら妹が勝つとか、仲良く話す姿が萌えます〜。笑
とってもどうでもいいこと言うけど、3人で「35億」やってほしい・・・😂

お次はこちらのマザコンくん。

妹にも優しい性格の良いマザコンくん、いえ、Daniel Quick(ダニエル・クイック)18歳。
彼もまた印象に残る苗字をしています。
何の歌をうたうかと聞かれて、「your songをうたいます」と言ったとき、アリーシャの曲でも歌うのかと思ったら、Your Songだった。
まあ、上手いんだがなぁ。ニコラス・マクドナルドとかあの辺りの感動はないっす。

んで、ホイットニーの曲。

はい。普通に上手いです。無難に。
彼女は22歳だけど、16歳当時のタミラ・フォスターのパワフルさには勝てません。
歌詞を忘れてもタミラがいい。

サイコもデビューを急がせずに契約したまま成長を見守っているみたいだし、大器晩成型でいつか大舞台で輝いてくれ。
今やこういう学校のアセンブリーでくらいしかうたったことのない出場者はレアだよね。

最後にこの人。

自身の曲を披露したAidan Martin(エイダン・マーティン)
曲もいいし、声もいいんだけど、なんかこの人怖い。あまり多くのこと言えないけど、とにかく目とか、怖い。
ライブショーまで進んだとしたら、出場者みんな同じ家に住むことになると思うけど、大丈夫かしらね。

動画が短すぎてよく分からない出場者もいたし、海外から参戦の出場者もいたけど、印象に残ったのは以上です。