Books

洋書と和書、雑誌も

【感想】The Maddie Diaries

著者: Maddie Ziegler(マディ・ズィグラー) タイトル: The Maddie Diaries: A Memoir 出版: Gallery Books (2017/3/7) ジャンル: 自伝 ◆ マディ・ズィグラーは2002年9月30日生まれのアメリカ人ダンサー、女優、モデル。日本では歌手SiaのChandelierのミュージックビデオで有名になる。Lifetimeのリアリティ番組Dance Momsで8歳の時から2016年まで出演していた。妹はマッケンジー・ズィグラー。 この本を勧めたい人 マディが大好きな人...

続きを読む

日本人の9割に英語はいらない ー 成毛眞

著者: 成毛眞(なるけ まこと) タイトル: 日本人の9割に英語はいらない(637円) 出版: 祥伝社(2011年9月) ジャンル: 英語教育 ビジネス英語 ▶️Kindle版(450円) ◆成毛眞は1955年北海道生まれ。中央大学卒業後、自動車部品メーカーや株式会社アスキーなどを経て、86年Microsoft株式会社に入社。現在、投資コンサルティング会社の取締役ファウンダーのほか、早稲田大学客員教授なども務める。(プロフィールより一部抜粋)...

続きを読む

原書と翻訳本は同じなのか

とある文房具関連のブログサイトを見ていたら、翻訳について興味深い記事が書かれていた。そこで上げられていた本を、真似っこして買ってみた。kindle版もあったけど、カバーがお洒落だったから紙の本を注文しておいた。 今回はAmazonでいろいろ検索して、書評がまったくついていないもの、あるいは少ししかついていないもの(co.jpで)の中から、翻訳本も出ているものを探して見つけたのがこれ。 【原書】 Land of the Living(Kindle版)(947円) 著者: Nicci French タイトル: Land of...

続きを読む

又吉直樹のデビュー作

2月に読んだもう1冊は、又吉直樹さんの『火花』でした。 著者: 又吉直樹(またよしなおき) タイトル: 火花 出版: 文藝春秋 / 2015年3月11日 ジャンル: 日本文学 ◆ 又吉直樹は1980年大阪府寝屋川市生まれ。お笑い芸人でありピースのボケ担当。趣味は散歩と読書。(Wikipediaより) すでにAmazonでは完売している文學界2月号で読みました。又吉さんはとくに大好きな芸人さんというわけではありませんでしたが、本好きというのは知っていたので、興味が湧きました。...

続きを読む

春香クリスティーンの政治思想

3月になりましたが、2月中に読み終わった本です。2月はまだ紹介していない本も合わせて和書ばかりになってしまった。今月は洋書を何冊か読めるといいな。 著者: 春香クリスティーン(はるかクリスティーン) タイトル: ナショナリズムをとことん考えてみたら (PHP新書)(842円) 出版: PHP研究所 / 2014年2月14日 ジャンル: 政治 ◆ 著者春香クリスティーンは1992年スイス連邦チューリッヒ市生まれ。父は日本人、母はスイス人。日本語、英語、ドイツ語、フランス語を操る。2008年に単身来日し、タレント活動を開始。...

続きを読む

第二次世界大戦の本2冊

2015年の目標のひとつは、「たくさんの本を読むこと」を設定したので、読み終わった本をブログで紹介していくことにしました。ブックレビューというか、読書感想文的なユルい文章も付け足していきます。 いや〜、三日坊主になるかもしれないなぁ。 まずは1月下旬くらいに読み終わったのがこちら。 著者: Laura Hillenbrand タイトル: Unbroken (ペーパーバック版 1,691円) 出版: Fourth Estate Ltd; Film tie-in版 / 2014年12月4日 ジャンル: 伝記、戦争 ▶︎...

続きを読む

【感想】英会話不要論 − 行方昭夫

著者:行方昭夫(なめかた あきお) タイトル:英会話不要論 出版:文藝春秋 ジャンル:英語教育 ◆行方昭夫氏は1931年東京生まれ。東京大学教養学部イギリス科卒業。東京大学名誉教授、日英言語文化学会顧問。66年、76年に米国へフルブライト留学。英語精読の第一人者。(プロフィールより一部抜粋)...

続きを読む