BGTでのファイブアフターミッドナイト

ツイッターでもぼやいておりましたが、5 After Midnightが夜中12時5分過ぎだということに、この動画再生2回目で気づきました。笑 最初X Factorに出てきたとき、彼らの名前は5AMだったっていうこともあり、名前が途中から変更になって、てっきりAMの省略語だと思い込んでいました。なんで、「午前5時」と勝手に呼んでいたのですが、これからは「0時5分」って呼ばなきゃいけません。(フツーに5 After Midnightって呼べという話)...

BGTセミファイナル5

セミファイナル4で終了したと思っていたら、まだありました。クワイヤーとかいたけど落ちたのかなと思っていたらいました。 そして忘れてはならない、この人! マラウイ人のDaliso Chaponda(ダリソ・チャポンダ) オーディションのときもすごく面白かったけど、話の中盤がよく理解できなかったんだけど、セミファイナルのこのトークはもっと笑えた! 自分が黒人ということをネタにして、面白おかしく奴隷だったことを笑いにする。間の取り方もさすが。...

BGTでのカミラ・カベロのソロ

さっさとFifth Harmony(フィフス・ハーモニー)を脱退してソロになったCamila Cabello(カミラ・カベロ)。 あんだけ必死にX Factorに残って5Hとして結成したのに、もう脱退かよ?! もうソロかよ?! ケッ! と思っていたけど、もちろんソロになるには彼女だけの思いじゃなくて、周りのお偉いさんたちの意向だから、きっとそっちのほうが強いんだろうね。 わたしはアリーの声と、ノルマーニの可愛さと、ローレンの芸術のようなお顔が好きだったので、カミラのソロはこのBGTで聴くのが初めてです。 カミラが抜けてもFifth...

BGTセミファイナル4

おじいちゃん2人組、その名もThe Pensionalities(ザ・ペンショナリティーズ) オーディションのときからグループ名が変わったのは、何か大人の事情でしょうか。どちらにしろ日本語の意味的には『年金受給者』ってところですね。 曲はOne DirectionのHistoryで、彼らがうたうとまた何だか歌詞に重みがありますな。 せっかくなので、オーディションのときの動画もどうぞ。 右のおじいちゃんが75歳で、マルコムさん。左のおじいちゃんが84歳で、ヘンリーさん。...

BGTセミファイナル3

歌でも魂のこもってる人とそうでない人と感じるけど、このTokio Myersの演奏中の集中力と陶酔感ハンパない。 世界観がすごい。音に飲み込まれそう。 誰か名前の由来聞いてほしい(2回目)。 審査員たちに失礼な発言スタイルで笑いを取るNed Woodman(ネッド・ウッドマン)8歳。オーディションの時は理解できたんだけど、セミファイナルはちょこちょこわからん。 英語って難しいね(真顔)...

BGTセミファイナル2

さあ、いよいよIssy(イズィー)ちゃんの番。 セミファイナルでも元気に堂々とパフォーマンスをしていましたが、やはり緊張していたようです。審査員に話しかけるところでは、デイヴィッドの呼びかけを間違えたり、台詞を言い間違えたりとテンパっていました。こっちがドキドキしちゃう〜😳 最後にはアリーシャが数字読み間違えるし。笑 しかしすごいパフォーマンスだ。 そして次もマジシャン! 今年のBGTいちばんのお気に入りの人、Matt Edwards(マット・エドワーズ)。...